★YAオススメ本

「YAオススメ本」では、各図書館のYAコーナー担当が毎月交代でオススメの本を紹介していきます。

気に入った本の書名をクリックするとその本の所蔵情報にリンクします。そこから予約が可能です。

2017年3月

『よるのばけもの』

住野よる/著 双葉社

オススメポイント

『君の膵臓(すいぞうをたべたい』『また、同じ夢を見ていた』の作者が送る、中学生の物語。
夜になると、「ばけもの」にかわってしまう(ぼくは、ある日忘れ物を取りに、夜の学校へ…。
そこで出会ったのが、クラスでちょっと(いている女子・矢野さつきだった。
読んでいて とても考えさせられる内容。
重めなテーマではあるけれど、とても心に(ひびく作品だと思います。

by四つ木地区図書館図書館 YA担当

『メロディ・リリック・アイドル・マジック』

石川いしかわ博品ひろし/集英社

オススメポイント

国民的アイドルグループ・LEDに叛旗はんきをひるがえした女子高生アイドルたちがしのぎを削る東京都沖津区。
ある個人的な理由によりアイドルはもとより音楽を好きになれないナズマと、思いを人に伝えるのが得意ではないがアイドル好きのアコの秘密が交錯する時、アイドルのの真の力が明らかに!?

 アイドルを知らなくても楽しめる青春活劇せいしゅんかつげき、ここに登場!!

 この世界で必死にいきる主人公たちが自分のハンデと向き合い、悩み、自分の力で未来を切り開いていく姿に胸が熱くなること間違いなし!!!

この小説の疾走感しっそうかんを目で見て肌で感じてください!!!!!

by水元図書館YA担当

恋文こいぶみ−ぼくときつねの物語−

たけ田津たづみのる/著 アリス館

オススメポイント

北海道の広大な大地を自由にかけまわる、野生のキタキツネ。
そんなキツネたちを追い続けた著者が、長年に渡って撮影さつえいした写真とともに彼らへの
思いをつづった、写真エッセイ集です。

時には愛らしく、時にはたくましい姿を見せてくれるキツネたちに心を打たれます。

素敵すてきな写真と文章がバランス良く組み合わさり、著者のキツネに対する
愛が強く伝わってくる一冊です!

by上小松図書館YA担当

『魔法が消えていく…』

サラ・プリニース/作 橋本恵/訳 徳間書店

オススメポイント

みなしごのコンは、満足した教育も受けず、スリで生計を立てるというすさんだ毎日を送っていた。
ある日、お腹のすいたコンの目の前をノロノロと老人が通りかかった。

これはチャンス!
とばかりに老人のふところに手を伸ばすとそこには石が。
平然と盗んだコンに恐ろしい事態じたいが待ち受けていた。

その石は、魔道石<まどうせき>で、その老人は、魔術師ネバリーだったのだ!
魔道石とは?ネバリーの本当の目的とは??
そこからコンの人生が大きく変わる。

次から次へと展開する物語にもう目が離せません。
あなたが、コンならどうしますか??


by中央図書館YA担当

『車夫 〔1〕』

いとうみく/作 小峰書店

オススメポイント

車夫(しゃふ)」…人力車をひく人。

「死んだママのことを、一生忘れない」
…と言っていたパパが、最近あっさりと再婚(さいこん)を決めた。
腹が立った乃亜(のあ)は、父親と再婚相手との浅草デートを尾行(びこう)することに。

人力車で観光をはじめた2人を見失わないようにと、
乃亜も別の人力車に乗り込むが、
車夫は自分と歳の変わらないような少年で…?

車夫の少年・吉瀬走(きつせそう)が出会う、あたたかな人間模様(もよう)
読みやすい短編集です♪


by鎌倉図書館YA担当

今月のオススメリスト