★YAオススメ本

「YAオススメ本」では、各図書館のYAコーナー担当が毎月交代でオススメの本を紹介していきます。

気に入った本の書名をクリックするとその本の所蔵情報にリンクします。そこから予約が可能です。

2018年2月

『知らない記憶(こえ)を聴かせてあげる。(角川文庫)』

石井いしい颯良そら/著 KADOKAWA

オススメポイント

主人公の陽向ひなたはひどく傷ついて心を閉ざしていました。
そんな彼に、父親が「ひまならば、このテープを書き起こしてくれ。」と、今は亡き陽向の叔父おじが残したカセットテープを陽向に預けます。

突然の父親の頼み事に陽向は反抗はんこう的でしたが、いやいやながらテープの中に残された叔父の言葉に耳をかたむけてみると、何か引っかかるものがあることに気付きます。

そこには陽向にしか分からない、メッセージがかくされていました。
それも、叔父さんではなく意外な人からのもの。

言葉の奥に込められた本当の想いに、胸がじーんとなる物語です。

by西水元地区図書館YA担当

 

『あたたかい水の出るところ』

木地雅映子/著 光文社

オススメポイント


近所の銭湯せんとう“松の湯”を愛してやまない高校3年生の大島柚子ゆずは、家に帰りたくなかった。
家に帰るとたくさんの問題が待っているから。
松の湯へ行っては、そこで出会う人たちとの交流や温泉にかることで気がまぎれた。

ある日、松の湯で福一ふくいちという人物に出会う。
それはちょっと不思議な出会い方で・・・。

銭湯が結ぶえんに、柚子の生活が少しずつ変わっていく。柚子は幸せになれるのか!?
読み終えた後は、きっとあなたも銭湯に行きたくなりますよ♪


by上小松図書館YA担当

文豪ぶんごう図鑑完全版−あの文豪の素顔がすべてわかる−』

開発社かいはつしゃ/編 自由国民社

オススメポイント

この本は、明治〜昭和までに活躍した文豪を50人紹介しています。
紹介ポイントが絞られているので、わかりやすく、読みやすい。
実際の写真が残っている人物も多いのに、なぜかイラストは全てイケメン風に描かれています。

文学作品になじみのない人向けに入門編としておススメ!!


by立石図書館YA担当

緋紗子ひさこさんには、9つの秘密ひみつがある(講談社タイガ)』

清水しみず晴木はるき/著 講談社

オススメポイント

自分の気持ちを出せずになやんでいる高校2年生の女の子・由宇ゆう

そんな彼女かのじょの前に、転校生の女の子・緋紗子ひさこさんが現れる。
何事にも動じず堂々とした彼女の姿に、由宇はあこがれをいだくが、
実は、緋紗子さんにはだれにも言えない秘密があった・・・。

数々のおどろきの展開にハラハラ、目が離せない1冊!!


byお花茶屋図書館YA担当

今月のオススメリスト