1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 図書館からのお知らせ一覧
  4. 図書館からのお知らせ記事
 

お知らせ

図書館からのお知らせ

かつしかデジタルライブラリーを公開しました!

2013年4月1日

2013年4月1日公開!
普段なかなか目にする機会のない、葛飾ゆかりの作家の自筆原稿や地域の貴重資料。
葛飾区立図書館では、これらの資料をデジタル化し、「かつしかデジタルライブラリー」として公開しました。
これによって地域の記録を共有財産として後世へ残し、いつでも、どこでも気軽にご覧いただけます。


かつしかデジタルライブラリーとは
 葛飾区立図書館が所蔵する地域資料や葛飾に関する情報を、オンライン上で閲覧・検索できるデジタル・コンテンツ・システムの名称です。
今回デジタル化し公開する資料は次のとおりです。
  • 栗本薫(中島梓)氏を中心とする葛飾ゆかりの作家の自筆原稿(約15000枚)
  • 葛飾の歴史、産業、文芸、地図等の地域資料(約2800枚)
  • 葛飾の写真(約60枚)
  • 講演会等で図書館を訪れた作家の自筆色紙、図画などの資料(約60枚)



栗本薫(中島 梓)1953年2月13日〜2009年5月26日 葛飾区生まれの作家、評論家
 1981年まで青戸在住。100巻を超えるSFファンタジー「グイン・サーガ」シリーズをはじめ、ミステリー、時代小説など幅広いジャンルで多くのベストセラー作品を生み出した。かつしかデジタリライブラリーでは、39タイトルの自筆原稿やアイディアを記した創作ノートがご覧いただけます。

グイン・サーガシリーズ『ヤーンの日』自筆原稿



閲覧方法
*かつしかデジタルライブラリー専用パソコン
  中央図書館に4台新設します。すべてのデジタル画像がご覧いただけます。
*図書館ホームページ ※
  トップページの「かつしかデジタルライブラリー」からご覧いただけます。
*葛飾区立図書館の館内資料検索機 ※
  通常の図書検索から、公開用の画像をご覧いただけます。
  ※著作権の関係で一部のデジタル画像のみの閲覧となります。


記念講演会「書くことは生きること」
 多くの自筆原稿をご寄贈いただき、今回のデジタル化をすすめるきっかけとなった故・栗本薫氏のご遺族で元SFマガジン編集長の今岡氏が、人気シリーズの知られざる創作秘話を語ります。SFファン必聴です!
  • 日時:4月28日(日)午後2時〜4時
  • 講師:今岡清氏(天狼プロダクション社長)
  • 会場:中央図書館(葛飾区金町6-2-1)
  • 対象・定員:どなたでも 100人程度


お問い合わせ先