1. トップページ
  2. 図書館のサービスについて 一覧
  3. 図書館のサービスについて
 

図書館のサービスについて

図書館の利用について

貸し出し、返却

  • 自動貸出機を利用して、ご自分で資料の貸し出し手続きができるようになりました。
  • 中央図書館では自動返却機に資料を投入するだけで返却手続きができます。
  • 中央図書館では予約した資料は「予約棚」に置かれます。「書架ナビ」に図書館の利用カードをかざすと棚の番号が印刷されたレシートが出てくるので、ご自分で予約した資料を取り出して貸し出し手続きができます。
  • 全館に無断持ち出しを防止するゲートを設置しました。

資料の検索、予約

  • 区内の図書館で所蔵していない本の検索や予約が、図書館ホームページや館内利用者端末からできるようになりました。予約については条件があります。
  • 図書館ホームページや館内利用者端末から、ご自分が予約した資料の予約順位を確認できます。予約順位は目安です。

図書館ホームページサービス

  • 区内在住で、まだ図書館の利用カードをお持ちでない人は、図書館ホームページから利用カードの事前申し込みができます。また、事前申し込み後は所蔵資料の予約ができます。
  • 図書館ホームページから資料を予約する際に、予約カゴに資料をピックアップして一度に予約ができます。
  • 上下巻、上・中・下巻など、シリーズの順番で読みたい資料は、シリーズ予約が出来ます。
     シリーズ予約の詳しい説明はこちら

メールを使ったサービス

  • メールマガジンを配信します。図書館からの情報をメールでお送りします。
  • 「新着図書情報おしらせメール」をお送りします。図書館に新しく入った本の情報を、著者名やジャンルごとにお知らせします。あらかじめ希望する情報を選択して登録する必要があります。
  • 自分が借りた資料の情報がメールで届く「貸出メール」をお送りします。タイトルや返却期限が書かれているので、借りた資料を自分で管理できます。
  • 返却期限が近づくとメールでお知らせする「返却期限お知らせメール」をお送りします。
  • 以上のメールサービスをご利用いただくには事前の登録が必要になります。登録は図書館のホームページからできるようになります。メールサービスの登録の前に、利用者登録とパスワードの登録が必要となります。

その他、変更するサービス

  • インターネットでの個人認証などの必要から、生年の登録に加えて月日を追加させていただきます。
    みなさまのご協力をお願いいたします。
  • 返却期限を過ぎてもお返しいただけない資料が増えているため、返却期限を過ぎてもご返却いただけない資料が残っている場合には新たな予約ができなくなりました。たくさんのみなさんにスムーズに資料をご利用いただけるように、ご協力をお願いいたします。
  • 中央図書館に、ハンディキャップをお持ちの方を対象にした音声対話型の利用者端末を設置しました。声のやりとりでハンディキャップ資料の検索ができます。