1. りようのしかた
  2. としょかんのぎょうじよてい
  3. おすすめのほん
  4. しらべてみよう
  5. おしらせ
  6. 子どもの本に関わる方へ
  1. こどもトップページ
  2. としょかんのりようのしかた

図書館のりようのしかた

はじめに

図書館で本をかりるためには、利用りようカードがひつようです。

カウンターで、もうしこみ書に名前・生年月日・住所じゅうしょ・電話番号を書くと、すぐに作れます。

利用りようカードは、葛飾区立図書館のどこでも使つかえますが、本人しか使つかえません。

ほかの人にかしたり、なくしたりしないようにしましょう。

本をかりるときは

利用りようカードがひつようです。

本とざっしを合わせて30さつまで、2週間かりられます。

利用りようカードとかりたい本をカウンターに出してください。貸出かしだしきのある図書館(中央図書館、立石図書館など)は、貸出かしだしきを使つかって自分でかりることができます。

CDシーディーDVDディーブイディーは、中学生になるまで、かりられません。

本をかえすときは

かりた本をカウンターに出してください。

中央図書館・立石図書館は、へんきゃくきに本を入れてください。

葛飾区立図書館のどこでもかえせます。

図書館がお休みのときは、ブックポストに入れてください。

(中央図書館のブックポストは、いつでも使つかえます)

本をさがすときは

見つからないときは、図書館の人に聞いてください。

貸出かしだし中やほかの図書館にある場合は、よやくできますので、カウンターで聞いてください。

図書館のけんさくきや、おうちのインターネットでさがしたり、よやくすることもできます。

よやくは20さつまでできます。


図書館でのやくそく

図書館は、たくさんの人が本を読んだり、かりたりするところです。

やくそくをまもって、気持きもちよく利用りようしましょう。

図書館でのやくそくを書いたしおり →  しおりをみる(ダウンロード PDF形式:159KB)

食べものものについて

こぼして本をよごしてしまうといけないので、図書館の中でおかしなどを食べることはできません。

ものは、すいとうやペットボトルに入ったものにしてください。

んだら、ふたをしめて、かばんなどにしまってください。

しずかにしましょう

大きな声でおしゃべりをすると、ほかの人のめいわくになります。

走るとほかの人にぶつかって、きけんです。

さわいだり走ったりしないでください。

本をかえす日をまもりましょう

かえす日をすぎた本がある間は、貸出かしだしができなくなります。

かえす日までにって来られないときは、電話をしてください。

よやくが入っていなければ、かえす日を1週間のばせます。


本はたいせつにしましょう

つぎのようなときは、べんしょうになることがあります。

気をつけましょう。

本が見つからない

本をって行ったところを思い出して、よくさがしてください。

それでも見つからないときは、おうちの人といっしょにさがしましょう。

本がやぶれた、こわれた

セロハンテープなどで直さず、そのままカウンターにって来てください。

図書館の人が直せる場合もあります。

本をぬらした、よごした

ぬれたり、よごれたら、すぐにふいてください。

としたり雨でぬらしたりしないように、図書館には、かばんなどをって来ましょう。

急に雨がふってきたときは、図書館の人にそうだんしてください。