1. りようのしかた
  2. としょかんのぎょうじよてい
  3. おすすめのほん
  4. しらべてみよう
  5. おしらせ
  6. 子どもの本に関わる方へ
  1. こどもトップページ
  2. しらべてみよう一覧
  3. しらべてみよう記事 りか

しらべてみよう りか

花火

みなさん、花火は()きですか? 葛飾区でも毎年7月に江戸川の河川敷(かせんじき)で「葛飾納涼花火大会(かつしかのうりょうはなびたいかい)」がおこなわれていて、夏のお楽しみの一つでもありますよね。大きな打ち上げ花火からかわいい線香花火(せんこうはなび)まで、調べてみませんか? 花火について深く知ることで、きれいな花火がさらに感動的(かんどうてき)に見えるはず!


キーワード


花火 花火玉 花火大会 火花 打上花火 
仕掛花火(しかけはなび) おもちゃ花火 花火師(はなびし)



しらべられる本


花火の大図鑑−職人の技が光る 種類、作り方から歴史まで−

美しい光と大きな音で人びとを楽しませる花火。全国の花火大会の写真とともに、花火玉の作り方や打ち上げ方法を説明(せつめい)し、花火の歴史(れきし)鑑賞(かんしょう)のポイントなど花火のさまざまな情報(じょうほう)紹介(しょうかい)します。また、おもちゃ花火についてもふれています。


花火の図鑑

夏の風物詩である花火をさまざまな観点(かんてん)分類(ぶんるい)し、花火の名前や特徴(とくちょう)、花火大会などでの鑑賞(かんしょう)ポイントを分かりやすく解説(かいせつ)。また、花火づくりの工程(こうてい)や打ち上げ現場(げんば)、花火の競技大会(きょうぎたいかい)知識(ちしき)なども紹介(しょうかい)する。


子どもに伝えたい和の技術 3 花火

和の技術(ぎじゅつ)のひとつ「花火」をテーマに、日本の文化に親しみながら、楽しく知識(ちしき)を深められる本。打ちあげ花火やおもちゃ花火といったいろいろな花火や、花火作りのスゴ(わざ)、花火のしくみなどを、たくさんの写真とともに紹介(しょうかい)。花火の歴史(れきし)ものっています。


知って楽しい花火のえほん

知っていますか? 花火の作り方、打ちあげ方、花火の種類(しゅるい)、花火の歴史(れきし)…。花火にまつわるさまざまな疑問(ぎもん)にわかりやすく答えます。花火がいろいろな色に変化するわけや、よい花火の見分け方など、まめ知識(ちしき)満載(まんさい)です。


調べてみよう!日本の職人伝統のワザ 7 「季節・行事」の職人−羽子板 ひな人形 こいのぼり 花火−

日本の文化はどのように始まって、どんな人たちによって受けつがれてきたのでしょう。羽子板(はごいた)・ひな人形・こいのぼり・花火など、「季節(きせつ)・行事」の職人(しょくにん)4人を取り上げ、伝統文化(でんとうぶんか)に関する基礎知識(きそちしき)伝統(でんとう)のワザ、職人(しょくにん)が作った作品などを紹介(しょうかい)します。


職場体験完全ガイド 36 花火職人・筆職人・鋳物職人・桐たんす職人−伝統産業の仕事 3−

花火職人(はなびしょくにん)筆職人(ふでしょくにん)鋳物職人(いものしょくにん)(きり)たんす職人(しょくにん)ってどんな仕事?どんな1日を過ごしているの?どうやったらなれるの?実際(じっさい)伝統産業(でんとうさんぎょう)現場(げんば)(はたら)いている人たちに密着(みっちゃく)し、取材(しゅざい)やインタビューにもとづいて説明(せつめい)します。


この本も読んでみよう!



『さよならの日のねずみ花火』
今関信子/作 おぼまこと/絵 国土社 1995.6

『ねこのはなびや』
渡辺有一/作 フレーベル館 2001.6

『しんちゃんのはなび』
新沢としひこ/文 あべ弘士/絵 童心社 1998.7

『花火師リーラと火の魔王』
フィリップ・プルマン/作 なかがわちひろ/訳 くすはら順子/挿画 ポプラ社 2003.8

『はなび』
秋山とも子/作 教育画劇 2003.6

『こんやははなびたいかい 特製版』(こどものとも社版)
きしだえりこ/さく あべはるえ/え 福音館書店 こどものとも社(発売) 2013.4

『わにわにのおでかけ』(福音館の幼児絵本)
小風さち/ぶん 山口マオ/え 福音館書店 2007.9



インターネットでも調べてみよう


日本の花火をもっと知りたい



公益社団法人 日本煙火協会



こんな自由研究ができるよ


1.花火の歴史(れきし)を調べよう
2.花火の種類(しゅるい)を調べよう
3.花火の色を調べよう
4.花火大会を調べよう

印刷用pdfはこちら



さがし方がわからなかったり、本がみつからなかったら、児童じどうカウンターに聞いてください。

葛飾区立図書館 児童室