1. りようのしかた
  2. としょかんのぎょうじよてい
  3. おすすめのほん
  4. しらべてみよう
  5. おしらせ
  6. 子どもの本に関わる方へ
  1. こどもトップページ
  2. しらべてみよう一覧
  3. しらべてみよう記事 そのた

しらべてみよう そのた

もち(もち

わたしたち日本人にほんじんにとって、おもちというのは、特別な食べもののようです。神社じんじゃやおてら奉納ほうのうするのがおもちだったり、月ではうさぎがおもちをついていると言われてきました。お正月しょうがつには家族かぞくみんなでおもちを食べます。おもちについてしらべたり、おもちの本を読んでみませんか?

しらべられる本



『もちの絵本』
えがわかずのり/へん たけうちつーが/え 農山漁村文化協会 2004.5

『おもちの大研究−日本人とおもちのおいしい関係−』
笠原秀/著 木暮健二郎/イラスト PHP研究所 2004.7

『みんなでもちつき』
菊池日出夫/さく 福音館書店 2008.4

『農のある暮らし−田んぼジュニア・田んぼサポーター活動報告書−』
葛飾区郷土と天文の博物館/編 葛飾区郷土と天文の博物館 2008.3




この本も読んでみよう!



『ばばばあちゃんのおもちつき』(かがくのとも傑作集)(わくわくにんげん)
さとうわきこ/作 福音館書店 1998.9

『もみのき山のお正月』
渡辺有一/作 佼成出版社 2005.11

『おもち一つでだんまりくらべ』
大川悦生/作 二俣英五郎/絵 ポプラ社 1984.10

『おもちのきもち』
かがくいひろし/作・絵  講談社 2005.12

『なぜ、かがみもちをかざるの?』(なぜ?どうして?たのしい行事 お正月 常光徹監修)
千世まゆ子/脚本 鈴木びんこ/絵  童心社 2001.9

『もちづきくん』
中川ひろたか/作 長野ヒデ子/絵  ひさかたチャイルド 2005.12

『日本の昔話 5 ねずみのもちつき』
おざわとしお/再話 赤羽末吉/画 福音館書店 1995.10

『14ひきのもちつき』
いわむらかずお/さく 童心社 2007.11




さがし方がわからなかったり、本が見つからなかったら、児童じどうカウンターに聞いてください。

葛飾区立図書館 児童室