レファレンス事例紹介


葛飾区内の寺社について

【質問事項】

質問内容要旨葛飾区では、お寺と神社どちらが多いのでしょうか。また、一番多い宗派と奉ってる神様なども教えてください。
受付日2014年4月1日
質問種別(NDC)090貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション
質問種別(NDC)K54.93
質問種別(NDC)185仏教−寺院.僧職
質問者その他

【回答事項】

回答内容要旨 葛飾区内の寺社数などについては、『葛飾区寺院調査報告 下』1980(昭和55)年刊、『葛飾区神社調査報告』1981(昭和56)年刊に詳しく掲載されていますが、これより新しい資料は図書館資料ではありませんでした。上記資料によるとお寺は290ヶ寺、神社は50社で、圧倒的にお寺の方が多いことがわかります。『猫の足あと』という個人で作成していると思われるホームページで都内の各区の寺社数を載せていましたが、どれだけ信憑性がある情報なのかまた何年時点の情報なのかも不明です。
 区内寺院の宗派は、真言宗系がもっとも多く49.5パーセントと約半分を占めています。真言宗は、かの有名な弘法大師空海が開祖として広めた宗派で、真言密教とも呼ばれています。
 区内神社で奉ってる神様で一番多いのは、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)で17の神社で奉られています。この神様は古事記では須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売命(かみおおいちひめのみこ)の、日本書紀では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の子とされ、稲の精霊神とされています。
回答様式質問事項に対する資料提供・紹介

【参考資料】

No. タイトル 著者名 出版社 出版年 コメント ページ 評価
1 葛飾区寺院調査報告  昭和55年3月 下 東京都葛飾区教育委員会社会教育課/編 東京都葛飾区教育委員会 1980   p.66 p.67  
2 葛飾区神社調査報告  東京都葛飾区教育委員会社会教育課 1981   p.1-4  
3 日本の神様読み解き事典 川口謙二編著 柏書房 1999   p.74  

【参考URL】

No. リンク 登録日 コメント 評価
1 猫の足あと 葛飾区の寺院 2014年5月30日    
2 猫の足あと 葛飾区の神社 2014年5月30日    

【検索項目】

件名葛飾区/カツシカ ク
件名寺院/ジイン
件名神社/ジンジャ
キーワード読みジシャ
キーワード読みテラ
キーワード読みジンジャ
キーワード漢字寺社
キーワード漢字
キーワード漢字神社

検索条件指定へ戻る