1. トップページ
  2. 中央図書館の案内
  3. 中央図書館の特徴
 

中央図書館の特徴

ワンフロアのゆとりある図書館

「ワンフロア」の明確な空間構成を生かし、空間の魅力的な「広がり」と居心地のよい「落ち着いた場所」を創造しています。

「まち」をイメージした開架スペース

広い開架空間をわかりやすい構成とするため、中央を貫く「図書館ストリート」を設けます。利用者の大きな流れに沿って配架を展開すると同時に、随所に町並みのようなかつしかコーナー、予約資料コーナー、閲覧席等を配置しています。

自分の居場所を発見できる図書館

開架スペースにはテーブル席、グループ席、一人用席やスツールなど450席の読書席を確保し、利用者の目的や気分に合わせて自分のお気に入りを自由に選べ、多様な読書スタイルに応えます。

利用者が安心できる図書館

カウンターから死角の少ない空間構成に配慮します。児童室への出入りはカウンターの前を通ることにより不審者の進入を防ぎます。職員の動線上にトイレを配置し、職員の目が届きやすい設計を工夫しています。

ひとにやさしい図書館

子どもからお年寄り、障がいを持った人も同じように利用できるユニバーサルデザインの施設としています 。