1. トップページ
  2. 中央図書館の案内
 

中央図書館の案内

新しい中央図書館が開館しました。

2009年10月17日、金町駅南口再開発ビル(ヴィナシス金町ブライトコート)の3階に新しい中央図書館が開館しました。ワンフロアでユニバーサルデザインを取り入れた図書館です。

収容冊数は約40万冊。図書やCD・DVDのほかに、インターネットや各種データベースが検索できるパソコンなども備え、あらゆる「知りたい」に対応します。

開館時間も延長して、様々な世代の方々にご利用いただけます。 皆様のご利用をお待ちしております。

中央区立図書館ロゴマーク

シンボルマークは葛飾区のカタカナ「カツシカ」をモチーフ開発しました。

江戸時代の庶民を守った火消しの半纏などに使用されていた、江戸文字の「角文字」のイメージです。葛飾区の中心となり、区を守り、情報の発信の中心として、区民のための図書館を表現しています。

カラーは葛飾区のイメージカラーであるクリーンと知性を現すライト・ブルー。二つの四角のカラーは、オレンジは活き活きとした情熱、イエローは未来をかざす光明を表わしています。



中央図書館の基本理念


駅前や複合施設である立地を生かし、『交流』をキーワードに、家族連れから働く人や専門的な分野にも対応した、機能性とゆとりを生かした知的文化の拠点

  • 「いつでも、どこでも、だれでも」自由に学べる生涯学習の拠点である図書館
  • 毎日の生活情報から世界の最新情報までを提供する情報提供機関としての図書館
  • 子どもからお年寄りまですべての利用者が、快適に利用できる図書館
  • 地域文化の継承を図り、地域への理解と愛着をふかめ、新たな街づくりを支える図書館
  • 区民と協働し、共に成長する図書館

中央図書館開館までの歩み

平成15年2月 葛飾区実施計画及び葛飾区立図書館基本計画に中央図書館整備計画が組み込まれる。
平成15年8月 中央図書館のサービス方針及び基本計画素案検討のため、「葛飾区中央図書館建設検討委員会」を設置。
平成16年4月 中央図書館整備等を担当する「整備担当係」を設置。
平成16年6月 図書館内装等を含む基本設計の委託契約を株式会社佐藤総合計画と締結。
中央図書館のサービスや機能について広く意見を聴取するため、区民の方々による「中央図書館開設懇談会」を設置し、
「中央図書館開設にあたっての基本的な考え方」の策定に着手。
平成16年9月 パブリックコメントを経て「中央図書館開設に当たっての基本的な考え方」を策定。
平成17年3月 基本設計完成。
平成17年6月 実施設計の委託契約を轄イ藤総合計画と締結。
平成18年3月 実施設計完成。
平成18年6月 再開発組合により、再開発ビル建設工事入札が実施され、大成・東海建設工事協同企業体が落札。
平成18年9月 再開発ビル管理規約等作成のため、金町六丁目地区市街地再開発組合の主催する商業部会、合同部会に図書館として参加。
平成18年11月 再開発ビル起工。
平成19年3月 「葛飾図書館の友の会」設立準備のため懇談会との共催による講演会、説明会を開催。
平成19年8月 中央図書館用図書・資料購入開始。
平成20年6月 新図書館システム構築委託契約を締結。
「葛飾図書館友の会」設立。
平成21年6月 「葛飾図書館さよならリサイクル市」開催。
葛飾図書館縮小運営開始。
平成21年7月 再開発ビル図書館部分引渡。
平成21年8月 図書館引越開始。
平成21年9月 中央図書館を除く全ての館で新図書館システム稼働。
平成21年10月 葛飾区立中央図書館開設。